人気者、必ずしも名人ではなかった 『CD/桂 春団治 三代』より ☆☆☆

『CD/桂 春団治 三代』


初代桂春団治の落語を聴いたことがあるかな? 

例の『浪花恋しぐれ』の歌でおなじみの、♪芸のためなら女房も泣かす~♪と言う、常軌を逸した伝説のハチャメチャな噺家だ。

実は、おじさん、このCDで、初めて、当時、演じられた高座を聴いたのだ。

録音なんて、残っていないと思っていた。

ところが、たっぷり残っていた。

何と、初代 春団治は、無類のレコード好きで、当時のEPレコードに、何題かの落語を吹き込んでいたのだ。

煎餅にも、レコードさながら、落語を吹き込んで売り出し、大損したと言う話しが残っている位だ。

おじさんは、クラシックな人間なので、初代 春団治を、渋谷天外や藤山寛美の演じる松竹新喜劇の芝居でイメージしていた。

これは、どうも、随分、脚色されているようだ。

いやもう、実像とは程遠い。

最近では、中村勘三郎や沢田研二と藤山直美との共演で演じられたりしている。

いやはや、芸能ニュースのようになってしまったが、要は、何が言いたいかと言えば、様々な脚色で創り上げられた虚像のために、中々、その実態がベールに包まれた人物だと言うことだ。

それだけに、おじさん、落語も聴いたこともないのに、その話芸を、勝手に想像していたところがある。

だから、今回、すごい期待を持ちつつ、聴いてみたのだ。

まあ、結論から言えば、残念ながら、期待外れと言わざる得ないのだ。

だみ声、間(ま)のない早口、人物の話し分けの不鮮明さ、ありきたりのナンセンスな時事話題の取り入れなどだ。

とりわけ、これでもか、これでもかと、登場人物の会話がかぶさってくるのは、いかにも聞き辛い。

まるで、マシンガン・トークだ。

聞き手が、寄席ならではの、ほっくりとした気分で落語を楽しめないのだ。

まあ、当時のEPレコードへの録音だから、録音時間は短い。

こうならざる得なかった面もあるかもしれない。

それにしても、早口な語り口だ。

人気者、必ずしも名人と言うわけではない。

きっと、漫才に押されつつあった当時の落語界では、生き延びるためには、こうした落語しかなかったのかもしれない。

あの仲間内の飲み会会話の仕切り芸、明石家さんまがトークの名人と言われるのに等しいかもしれない。

要は、時流芸なのだ。

おじさん、あの頃の観客が、船場辺りの奉公人や下町の長屋の職人達が中心とすれば、辛い労働の後でのうさ晴らしの娯楽としては、こうしたイケイケ落語がふさわしかったのかもしれない。

芸は世に連れ、世は芸に連れ…、なのかもしれない。

それに、どうも、様々な気候や、色事についても、後の世の誇張や捏造が多いようだ。

オモロイこと、ヤタケタなこと、エゲツナイこと、オッチョコチョイなことは、全て春団治のしでかしたことになってしまった感がある。

落語界の醜聞のハキダメだ。

まあ、とは言っても、かなりの奇行が多かったのも事実のようだ。

いくつか挙げてみると… 

①気に入らない弟弟子に、思い知らせようと、真っ暗闇の中で人力車を襲撃し、半死半生の目に合わせたら、それが自分の師匠(桂文我)だったと言うのは有名な話しだ。

慌てて、一ヶ月ほど、京都に逃げたと言う。 

血の気の多い人で、仲間内のケンカ話には事欠かない。 


②浪速の三大放蕩芸人は、藤山寛美、やしきたかじん、そして、桂春団治と言われている。

借金に纏わるエビソードは多い。

自宅が差し押さえに合って、自らの口に差し押さえ札を貼った写真が新聞に載ったこともある。

また、寄席に向かう人力車は真っ赤に内装されていたと言う。

これは、借金で火の車と言うシャレである。 


③女好き。

「後家殺し!」という掛け声が、高座で、よく掛かったと言う。

実際、晩年は、女房に逃げられ、資産家の後家さんの家に転がり込んでいたらしい。

裕福な後家で、放蕩させてもらっていたと言う。

また、訪ねてきた浮気相手と女房がハチ合わせと言うことが度々あったそうだ。

この場合、浮気相手が家に居座り、本妻が家を出て行ったと言うのだから、おかしい。

よほど、よくできた女房であったに違いない。

羨ましい限りだ… 

まあ、と言うようなことだ。

ところで、この落語CDでは、同時に、二代目、三代目の落語も聴けるのだ。

この二人は親子と言うことになる。

ちなみに、一代目と、この二人は、全く血縁関係はない。

現代の春団治は、この三代目である。

既に82歳になると言う。

ヘェー、もう、そんなになるのか? 

おじさんが、ラジオでよく聴いたのは、この三代目の落語だった。

どうも、色事では、一代目を超えていたと言う。

新婚初夜に、なじみの女の元に出かけていき、その夜は新妻の元には帰ってこなかったらしい。

まあ、色事師と言えば、その風貌も芸風も、この三代目の方がふさわしいかもしれない。

踊りは、山村流の妙手である。

落語の方は、概ね、一代目春団治のオハコを引き継いでいるだけに、下世話なものが多いが、随分、三代目の方が丹精で、洗練された落語と言って良いだろう。

おじさんは、特に、子供との掛け合いの絶妙な『いかけや』などが好きだ。

「代書屋」などもよく聴いた。

大阪人のボケの味がよく出ている。

おじさん、この落語で、「がたろう」などという職業?を知ったものだ。

ドブ川で胸まであるゴム長靴をはき、川床の泥を掬い、その中に紛れている鉄クズなどをより分ける仕事だ。

その鉄クズは、クズ鉄屋(廃品回収業)に売って、現金に換えるのだ。

実は、おじさんも、子供の頃、磁石に紐を付け、腰から引きずって、道に落ちている折れ釘や鉄クズを集めたことがある。

同じく、クズ鉄屋に持って行き、小銭をもらった。

その小銭がアメ玉に変わるのだ。

ホント、昔の子供は、生きることに逞しかったのだ。

後、開高健さんの『日本三文オペラ』を読んで、大阪では、戦後も、この職業が長い間行われていたことを知った。

いやはや、どうも、話しが逸れてしまったようだ。

とにかく、上方落語の大名跡 桂春団治の一代目から三代目に至る落語を辿り、聴き比べてみるのは楽しいことだ。

落語にも、時代や人生が色濃く反映していることがわかる。

同じ演目でも、時代が変わり、人が変われば、これほど違うのかと、芸の持つ幅広さと、奥深さを、改めて知る思いがした。

今回のこのCD落語もさることながら、浪花の芸人史を辿っているような気になったものだ。

ここに収録された、春団治三代の落語を聴きながら、上方芸人の人生に思いをはせるのも、また、一興、オツな落語の聴き方かもしれない。

  ※ヤフーブログにて 2012年7月16日 アップ

この記事へのコメント